公開作品:さまざまな年代にあった、魅力ある作品を提供しています。
HOME>公開作品>児童・青少年劇
児童・青少年劇
とべないホタル
夏の水辺で、光の尾をひいて幻想的に飛び交うホタルたちの中に、一匹だけ大きくなっても飛べないホタルがいます。そんな時、仲間のホタルを狙うクモに気付いた「とべないホタル」は、勇気を持ってホタルを助けます。この誇れる勇気と感動が、全国の子供たちに晴れ晴れとした共感を広げています。

★挿入曲は、全17曲。仲間を想うやさしい物語の中で効果的に使われています。
ダイジェストムービーはこちらから
あらすじ 概要
小学4年生向けの道徳教科福読本に取り上げられた原作には、子供たちの日常における戸惑いや、不安といった揺れ動く心に応えてあげられるメッセージが込められています。
このホタルたちを主人公にした原作のミュージカル化にあたっては、主テーマを解りやすく、しかも観て楽しく感動を共有して頂ける舞台作りを目指して完成されました。

夏を迎えた夜空を星々が美しく輝きだすころ、澄んだ水辺に茂る草木の中をほのかな光の尾をひいて幻想的に飛び交うホタル達がいます。そうした美しい光景の中で、幽かな光を放ちながらも仲間たちと飛び交うことなく、静かに仲間たちを眺めているホタルがいます。
楽しそうに舞うホタルたちは、思わずそのホタルに呼びかけます。「お~い、どうしたんだ?」ホタルは答えます。「僕、飛べないんだ」生まれたときから羽が小さく縮れていて、飛ぶことができなかったのです。それから数日たったある夜、飛び交う仲間を静かに眺めていた「とべないホタル」は、暗闇にうごめく大きな蜘蛛に気づきます。仲間の一匹のホタルが狙われているのです。まわりのホタルたちも気がついたようですが、眺めているだけで助けようとする気配はありません。とっさに「とべないホタル」は、体の不自由なことも忘れて、そのホタルを助けだします。するとまわりで眺めていたホタルたちは口々に「今助けようと思ったんだ」と言いながらも「とべないホタル」の勇気を讃えるのでした。
ホタルたちは、厳しい自然に晒されながら、お互いの体験を活かしあうことで支えあい、友情の輪を広げて力強く生きていきます。
原作 小沢昭巳
脚本・演出 木島恭
作曲 本間裕治
音楽監督 高橋慶吉
衣装 松本真知子
舞台美術 大久保祥子
特殊衣装 徳島孝彦
振付 橋本のり子
歌唱指導 山下美音子
制作 町永義男 / 植木悟 / 藤波俊諭
上演時間 90分(休憩10分含む)
体験者の声
作品に対する感想