公開作品:さまざまな年代にあった、魅力ある作品を提供しています。
HOME>公開作品>新作の紹介
高校生・一般演劇
赤い日々の記憶
ミュージカル「赤い日々の記憶」は愛知県立刈谷東高等学校・演劇部の公演台本を基に作成されています。
演劇部顧問の兵藤友彦先生が角川学芸出版より発刊された「今、ここにあなたといること」の中に登場する作品です。
平成24年度文化庁人材育成支援事業として公益社団法人日本劇団協議会の制作で実現されました。
劇団ポプラは当初より原作の持つ普遍的なテーマと共にコミュニケーションツールとしての演劇的表現の在り方に興味を抱いていました。
この度ここに新作として、中学・高校の生徒の皆様に是非ご鑑賞いただきたい、と思います。

★一人の熱血先生と元不登校生徒達が演劇活動を通じて成長した奇跡がここに・・・
ダイジェストムービーはこちらから
あらすじ 概要
不登校経験者が在籍する、とある県立高校に熱き思いを持って赴任した一人の教諭、藤堂。
自身の経験をもとに、演劇を通して生徒たちを導こうと試みます。
しかし、この高校では「頑張れ」「成長しろ」と言った言葉はタブー扱い。
生徒達はプレッシャーに弱く、同好会として存在していた演劇部も休部扱いとなってしまいます。
環境に呑み込まれた熱血先生でしたが、生徒と関わることで自身の目標が定まり、やがて地区大会へ向けての作品を創り始めます。
その作品とは、私(僕)の不登校。何度も元の場所に戻りそうになりながらも乗り越え、全国大会出場まで登り詰めて行きます。
少なからず誰もが不登校になり得る資質があることを辛辣に描きながらも、自分と向き合うこと、他人と関わることで自身の将来への展望が開けていきます。
生徒の皆さんはもとより、是非先生方にもご鑑賞いただきたいと思います。
原作 兵藤友彦
脚本・作詞 大谷美智浩
演出・補作詞 木島恭
作曲 本間裕治
音楽 高橋慶吉
舞台美術 内山勉
照明 石島奈津子
振付 もたい清美
歌唱指導 山下美音子
制作 町永義男 / 植木悟 / 藤波俊諭
上演時間 100分
体験者の声
作品に対する感想