公開作品:さまざまな年代にあった、魅力ある作品を提供しています。
HOME>公開作品>新作の紹介
児童・青少年劇
海底2万マイル
飽くなき人間の探求心は留まることを知りません。光の速度でも何千、何万光年と遠い銀河の果てに思いを馳せる事もあります。
一方、深遠な深海もその一つではないでしょうか?
未だに発見されていない未知の生物が生息しているかも知れません。そして、地球環境と私たちの生活は密接に繋がっていることも事実です。生命の誕生は海なくしては語れません。この海底2万マイルは150年前書かれたSF小説ではありますが、登場する謎の人物「ネモ艦長」の持つ科学力や自然との共存、共栄、立ちはだかる壁に向かう姿勢など現代に欠如しているものが描かれているような気がします。地球市民として私たちのすべきことが見えてくるのではないでしょうか?
あらすじ 概要
15歳のネッド・ランド少年は漁師の父親と一緒に出た漁で、土地の漁師たちにクラーケンと恐れられている大イカに襲われて、父親を殺され一人生き残ってしまう。
そんなある日、街でファーガラット少佐率いる怪物討伐の軍艦スコーシア号が乗組員を募集している事を知り、父親の仇を討とうと怪物討伐の船に乗り込む事を決意する。
一方、海洋生物学者のピエール・アロナクス教授とその助手で姪のメアリー・コンセイユも怪物の生態調査のため乗船する。外洋に出たスコーシア号に海の怪物が姿を現し襲いかかる。が、それは怪物ではなく、巨大な鉄で出来た潜水艦だった。スコーシア号も応戦するものの、怪物の体当たりで航行不能となってしまう。その騒ぎの最中、ネッドとアロナクス教授、そしてメアリーの3人は海に投げ出されてしまう…。
原作 ジュール・ヴェルヌ
脚本・映像監督 國米修市
演出・補作詞 木島恭
作曲・編曲 Bomd Tommy
歌唱指導 山下美音子
制作 町永義男 / 植木悟 / 藤波俊諭 / 杉戸良隆 / 宮城督 / 森本勝人
上演時間 90分(休憩10分含む)
体験者の声
作品に対する感想